大阪・福島区の野田阪神駅前いまい皮フ科小児皮フ科アレルギー科です。日本皮膚科学会専門医・アレルギー学会専門医の院長が、アトピー性皮膚炎やニキビ等に対して専門性を生かした保険診察を行います。光線・紫外線療法が可能。昼13時夜19時まで診察。初めての方もご予約可能、阪神野田駅から徒歩1分

粉瘤

粉瘤アイコン

このような症状でお悩みではありませんか

  • 首・肩に触るとぶよぶよするしこりがある
  • 年々大きくなるしこりがある
  • 表面に黒い点があるしこりがある

このような症状は「粉瘤」と呼ばれる良性の“できもの“の可能性があります。

大阪市、福島区・此花区・淀川区などでこのような症状にお悩みなら、野田阪神駅前いまい皮フ科小児皮フ科アレルギー科までお気軽にご相談ください。

粉瘤とは?

粉瘤(アテローマ、アテローム、表皮嚢腫とも呼ばれます)は、皮膚の内側に袋状の構造物ができ、本来皮膚から剥げ落ちるはずの垢(角質)や皮膚の脂(皮脂)が、袋の中にたまってしまってできた良性腫瘍(嚢腫)の総称です。
たまった角質は袋の外には排出されないので、少しずつ大きくなることが多いです。
また、感染し痛みを伴って赤く腫れたり、膿が溜まったりすることがあります。

粉瘤

粉瘤の治療方法

1

感染時の治療

突然に数日で大きく腫れ、赤みや痛みが出ます。もし赤みが部分的で、膿が溜まっていない場合には、抗菌剤の飲み薬で改善することがあります。しかし全体が赤く腫れたり、膿が溜まったりして柔らかい場合や、抗菌剤の飲み薬で改善しない場合は、局所麻酔をして膿を出す出口を作り、汚染した内容物や膿を排出させる必要があります。その後、洗浄や塗り薬を続けることで、切開した傷は閉じ、再びもとのサイズの小さなしこりに戻ります。根治治療(切除手術)をおこなわず、ここで終了(略治)とすることもできます。

※感染時に粉瘤自体を切除する手術は通常行われません。なぜなら、普段よりもサイズが大きくなっているため、術後感染のリスクが高く、再発のリスクも高いためです。感染が落ち着いて3か月ほど経過し、より小さなしこりに戻ると、より良い状態での根治手術が可能となります。

2

根治治療

根治治療①
根治治療②
根治治療③
根治治療④
根治治療⑤

局所麻酔での手術になります。表面の皮膚を紡錘形に切開し、嚢腫のみを摘出する、日帰り摘出手術を行っています。ただし巨大なものなど手術が難しい場合は基幹病院(大きな病院)に紹介とさせていただきます。

当院では、皮膚外科のスペシャリストである「形成外科専門医」による手術を提供していますので、手術日など、詳しくはこちらをご覧ください。

治療費用

  • 健康保険が適応される手術です。
  • 手術費用は3割負担で5,000円(小さなもの)~12,000円(大きなもの)です。
  • 別途、診察料、血液検査費用、病理検査費用が必要です。

よくある質問

手術は受診した当日に、すぐにしてもらえますか?
いいえ、手術は完全予約制となります。手術日など、詳しくはこちらをご覧ください。
粉瘤はすぐに取った方がよいですか?
粉瘤は良性の腫瘍なので、取らなくても命に係わることはありません。ごく一部の粉瘤が悪性化する例が知られていますが、レアケースです。ただ、粉瘤は自然に治癒することはなく、炎症が起きて痛むこともあるため、早めに摘出することをお勧めいたします。もし炎症が起きると、腫れが治って手術可能となるまでに数ヶ月かかることがあります。
粉瘤は再発しますか?
根治治療で中の袋を取り除かない限り、再発します。袋を取りきることで再発を防ぐことができます。ただ、体質的にできやすい人もいるため、別の部位に再度粉瘤ができる可能性があります。また、くり抜き法では袋が取り切れないので、再発することをよく経験します。
くり抜き法が良いと聞いたのですが
当院ではくり抜き法は行っておりません。小さな1cm程度の粉瘤に関しては、くりぬき法は侵襲性が低く傷跡がやや小さいと、ネット上で記載しているクリニックがあるようです。ただし、小さな穴を開けて、そこから袋を取り出すという手法のため、取り残しによる再発が10%以上あると言われております。また、傷跡の長さがやや短くても、陥没した傷になります。2023年8月現在、くりぬき法が通常の切除手術(根治治療)よりも術後成績や合併症について優れているという文献的エビデンスは存在しません。そこで、現在は粉瘤をちゃんと根治にもっていける「切除手術」を行っております。

関連する症状の皮膚病一覧

その他皮膚病(難病等)

執筆者:
今井康友(医学博士、皮膚科専門医、アレルギー専門医)

クリニック情報

Clinic Information
診療時間
 9:00~13:00
16:00~19:00 ●▲

※ 当院の診察受付締め切りは18:30までです

● 院長(男性医師)

▲ 永井 諒(男性医師)

★ 坂本幸子(女性医師)

★ 当院では医師の指定はできませんが、乾癬・酒さなどの特殊疾患は院長が、手術は坂本医師が対応させていただきます。

休診日木曜、土曜午後、日曜、祝日

〒553-0001 大阪府大阪市福島区海老江5丁目1-1
さくら野田ビル2階GoogleMapで見る

電話でよくいただく質問をまとめました。
まずはこちらをご覧ください

06-6451-1211
PAGETOP