大阪・福島区の野田阪神駅前いまい皮フ科小児皮フ科アレルギー科です。日本皮膚科学会専門医・アレルギー学会専門医の院長が、アトピー性皮膚炎やニキビ等に対して専門性を生かした保険診察を行います。光線・紫外線療法が可能。昼13時夜19時まで診察。初めての方もご予約可能、阪神野田駅から徒歩1分

おむつかぶれ

おむつかぶれアイコン

おむつかぶれ(おむつ皮膚炎)とは?

おむつ着用部に発生する皮膚炎です。おむつの中だけでなく、肛門や陰部などの、排泄物の刺激を受けやすい部位や、紙おむつのギャザーの当たる部分(腹・太もも)に一致して皮膚炎ができることが多いです。

おむつに対してアレルギー反応が起きたわけではなく、一次刺激性の接触皮膚炎(かぶれ)です。なお、乳児寄生菌性紅斑という、おむつ内部にカンジダというカビが増えて生じる皮膚炎との鑑別が大切です。一般の患者様が目で見て判断するのは危険ですが、以下の様な違いが見られます。

1

おむつかぶれ

おむつが当たる場所に炎症が起きます。

おむつを長時間交換しないと、交換排泄物の刺激によって肛門周囲などにおこります。

おむつかぶれ

2

乳児寄生菌性紅斑
(皮膚カンジダ症)

股の部分(鼠径部)やおしりに境界がくっきりした皮膚炎ができます。おむつが直接当たらないはずの、皮膚のシワの奥まで皮膚炎ができます。

おむつの中でカンジダというカビが増えやすくなるために発生します。

乳児寄生菌性紅斑

野田阪神駅前いまい皮フ科小児皮フ科アレルギー科では皮膚科専門医・アレルギー専門医で、小児皮膚科学会においても2021年度セミナー座長を務めた院長が、おむつかぶれの治療を行います。野田阪神(福島区、此花区)で赤ちゃんのおむつ皮膚炎が気になる方は、お気軽にご相談ください。

おむつかぶれの原因

皮膚の角層は、じめじめした環境だと抵抗性が低下し、おむつと擦れることでダメージを受けやすくなります(特に布製のトレーニングパンツ)。月齢が低いほど排泄回数は多いのですが、特に、尿と便が同時に存在すると、ばい菌が増えやすくなり、アンモニアの生成によって皮膚が障害されるだけではなく、おむつ内部の環境がアルカリ性となり、便による皮膚の炎症も起こりやすくなります。なお、下痢便や軟便は、さらに皮膚を障害する力が強いです。

なお、布おむつは20~30年前から既に使用されなくなっていますが、おむつ皮膚炎を強く引き起こすので、紙おむつを用いるべきです。現代では、布製のトレーニングパンツを使ったときに、おむつ皮膚炎やあせもが起こりやすいことに注意が必要です。

当院における治療

当院では積極的に洗浄するよう指導しています。

軽症の場合、スキンケア指導と亜鉛華軟膏などの簡単な塗り薬で容易に改善します。重症の場合は短期間のみステロイド外用剤を用いますが、短期間で終了するのがポイントです。

なお、乳児寄生菌性紅斑(おむつ部分の皮膚カンジダ症)はカビが原因ですので、カビを減らす塗り薬で治療を行います。

日常での注意点

原因を取り除いて、おむつかぶれの予防を行います。

  • おむつのサイズが小さすぎないように注意してください。おむつのサイズは年齢(月齢)ではなく実際の体重を目安にしてください。
  • 紙おむつは布よりも擦れにくいですが、合わない場合はメーカーを変えるとおむつ皮膚炎が改善することがあります。ただし経験上、どの会社のおむつが良いというのは無いと思うので、おむつの紙質の問題ではなく、その子にフィットした形状・サイズであることが大切と考えています。
  • おむつ交換をできるだけこまめに行いましょう。具体的には、尿と便の両者がおむつの中に存在する時間を極力短くしましょう。
  • 皮膚の清潔を保つのも大事なのですが、強い力で拭くのではなく、皮膚をやわらかい濡れタオルでやさしく拭いてください。市販のおしりふきの中には、かえってかぶれを悪化させる消毒液が入っているものがあるため注意してください。
  • 紙おむつの場合、ギャザーの当たる部分の皮膚に炎症が起きやすいので、ギャザー部分の皮膚のケアを忘れないようにしましょう。
  • 拭き取り後または洗浄後には、必ず軟膏を塗布します(保険で処方可)。これは保湿目的ではなく、外部からの刺激から皮膚を守る目的ですので、しっかり被膜形成するタイプの軟膏を使います。
  • なかなか治らない場合は、おむつ皮膚炎ではなく、おむつの中に生じた乳児寄生菌性紅斑(カビ)であることがあります。残念ながら紙おむつの性能アップにより、おむつの中のカビは、逆に増えてしまいました。こちらは皮膚科での治療が必要です。

なお、高齢者のおむつかぶれに関しては、介護用の「夜用」「スーパー」「長時間」などとある交換回数が少なくて済む紙おむつを常用していると、おむつかぶれも、カビも、多くなってしまいます。

関連する症状の皮膚病一覧

その他皮膚病(難病等)

執筆者:
今井康友(医学博士、皮膚科専門医、アレルギー専門医)

クリニック情報

Clinic Information
診療時間
 9:00~13:00
16:00~19:00

※ 当院の診察受付締め切りは18:30までです

休診日木曜、土曜午後、日曜、祝日

〒553-0001 大阪府大阪市福島区海老江5丁目1-1
さくら野田ビル2階GoogleMapで見る

電話でよくいただく質問をまとめました。
まずはこちらをご覧ください

06-6451-1211
PAGETOP