大阪・福島区の野田阪神駅前いまい皮フ科小児皮フ科アレルギー科です。日本皮膚科学会専門医・アレルギー学会専門医の院長が、アトピー性皮膚炎やニキビ等に対して専門性を生かした保険診察を行います。光線・紫外線療法が可能。昼13時夜19時まで診察。初めての方もご予約可能、阪神野田駅から徒歩1分

肝斑

肝斑アイコン

野田阪神で肝斑治療なら、野田阪神駅前いまい皮フ科まで

肝斑とはシミの一種で、皮膚科を開業してからよくご相談いただく疾患ですが、残念ながら保険診療では適応のある薬剤はありません。当院では自由診療とさせていただいております。
大阪で肝斑の治療なら、野田阪神駅前いまい皮フ科までお気軽にご相談ください。

肝斑とは?(ADM・雀卵斑・肝斑・老人性色素斑・炎症性色素沈着)顔イラスト

肝斑の特徴

  • 肝斑は両頬や額、こめかみによくできる薄い褐色のシミです。形はいわゆる「地図」のような見た目をしており、点状というよりも、つながっているのが特徴です。
  • 30代以降、妊娠・出産などで目立つ様になることから女性ホルモンとの影響が考えられています。

治療上の特性

  • 治療においては最も厄介で、高出力のレーザーや光治療を行うと悪化することがあります。
  • 他のシミと混ざりあってできていることが多く、皮膚科医師でも判別が難しい為、光治療を行おうとされても、その部位には当てることができない場合があります。
  • また、肝斑は一度治った様に見えたとしても、寛解と増悪を繰り返すため、長い目で治療していく必要があります。

治療方法について

当院における肝斑への治療と、肝斑と別のシミが混ざっている場合の治療方法について解説します。

肝斑への治療

トラネキサム酸内服

トラネキサム酸内服

トラネキサム酸は、外用薬として肝斑やシミの治療に用いられる美肌効果のある成分です。トランサミンと同じお薬です。トラネキサム酸には、抗炎症効果だけでなく、メラニンを合成するメラノサイトを活性化させる物質を抑制する作用があり、肝斑の改善やシミの抑制が期待できます。
※1日3カプセル(1回1カプセルを朝昼晩)が標準ですが、1日2カプセルでも十分に効果が得られます。なお、ピル服用中や持病のある方はトラネキサム酸の外用剤を選択するか、1日2カプセルに減量が必要です。

シナール内服

シナール内服

シナールはアスコルビン酸(ビタミンC)が主成分のビタミン複合剤です。医薬品であるシナールには、ビタミンCの働きを助けてくれるパントテン酸が配合されているのが特長です。
トラネキサム酸とシナールを同時摂取することで各成分の相乗効果により、さらに良好な結果に繋がりやすいと考えられています。

肝斑へのレーザー治療について

日本皮膚科学会、日本美容皮膚科学会、日本形成外科学会、日本美容外科学会(JSAPS、JSAS)の5団体が共同で作成している美容医療診療視診によると、肝斑におけるレーザーやIPL照射は推奨度2(条件によっては、行うことを弱く提案する)とされています。
遮光や美白剤の外用やご紹介した内服を行った上で、十分な効果が得られない場合に、これらの治療と併用して行っても良いとされています。
ただ、皮膚科医の中でも意見が分かれており、当院ではあくまで保存療法のみとしています。

混ざりあったシミへの対応

実際に臨床上多いケースです。
当院では、肝斑部分自体は内服薬・外用薬で治療しつつ、原則お顔のその他の部位に肝斑以外のシミがある場合には、肝斑部分を避けてIPLの照射を行うことをお勧めしております。

セレックV

セレックV

黒色に反応して熱を与えることで、シミの原因となるメラニンを除去する治療です。
顔全体にダウンタイムなく照射できる為、顔に複数シミがある方にお勧めしております。

セレックについては下記のページをご覧ください。

セレックVについて 詳しくはこちら

治療価格(消費税込)

内服

メニュー 容量 価格
トラネキサム酸 250mg 100錠
(30日分)
1,980円
シナール 100錠 (30日分) 990円

※上記の表は横スクロールが可能です

セレックV

メニュー 部位 トライアル 都度払い 5回コース
セレックV 全顔 11,000円 22,000円 82,500円

※上記の表は横スクロールが可能です

ご予約方法

薬剤の処方のみをご希望される場合

トラネキサム酸またはシナールの処方をご希望の方は、通常の診療予約で受診をお願いします。なお、予約がいっぱいでも来院していただければ順番にお呼びします。

シミの診断が必要な場合

新患の方はまずはカウンセリング予約をお取りください。

予約システムから「美容皮膚科(自費)予約」を選択し、予約日時をご指定ください。予約は1ヶ月先までお取りいただけます。なお、保険診療の「順番予約」を取られましても美容の相談はできませんのでご注意ください。

カウンセリング予約

副作用・承認情報について

トラネキサム酸

治療名・機器名 トラネキサム酸
治療区分 自由診療
治療内容 抗炎症作用、プラスミン抑制作用を持つ薬剤です。
承認情報 国内薬事承認
標準的な治療回数 半年間、毎日服用
標準的な費用 33日~50日分(250mgX100カプセル 1箱)
1,980円(税込) (税込)
副作用・リスク 血栓症、悪心、下痢等
入手経路 国内医薬品卸より購入

シナール

治療名・機器名 シナール
治療区分 自由診療
治療内容 ビタミンC誘導体・パントテン酸カルシウムの合剤です。
メラニン色素の産成の抑制効果があります。
承認情報 国内薬事承認
標準的な治療回数 半年間、毎日服用
標準的な費用 33日~50日分(100錠 1箱)
990円(税込)
副作用・リスク 胃部不快感、悪心、下痢等
入手経路 国内医薬品卸より購入

セレックV

治療名・機器名 セレックV
治療区分 自由診療
治療内容 メラニンやヘモグロビンに作用する光を照射し、シミ・そばかす・赤ら顔の改善を促す治療です。
承認情報 国内承認(承認NO:231ADBZI00015000 キセノン治療機器として)
血管病変に対する治療は適応外治療
他の承認機器の有無 シネロン・キャンデラ社 VbeamⅡ等
標準的な治療回数 平均3~5回、月に1回
標準的な費用 66,000円~82,500円 (税込)
副作用・リスク 痛み、熱傷、痂皮、水疱、色素沈着、瘢痕、浮腫、紅斑、肝斑の悪化等
入手経路 当院医師の判断の下、国内正規販売代理店を経由して輸入
問い合わせ先 野田阪神駅前いまい皮膚科・小児皮膚科・アレルギー科

美容皮膚科では、国内未承認医薬品または医療機器を用いて施術を行います。

「個人輸入において注意すべき医薬品等について」はこちらをご覧ください。

関連する症状の皮膚病一覧

その他皮膚病(難病等)

執筆者:
今井康友(医学博士、皮膚科専門医、アレルギー専門医)

クリニック情報

Clinic Information
診療時間
 9:00~13:00
16:00~19:00 ●▲ ●▲

※ 当院の診察受付締め切りは18:30までです

● 院長(男性医師)

▲ 永井 諒(男性医師)

★ 坂本幸子(女性医師)

・当院では医師の指定はできませんが、乾癬・酒さなどの特殊疾患は院長が、手術は坂本医師・永井医師が対応させていただきます。

・当院の医師は全員が皮膚科学会正会員かつ皮膚科専門医の認定資格を取得しています。

休診日木曜、土曜午後、日曜、祝日

〒553-0001 大阪府大阪市福島区海老江5丁目1-1
さくら野田ビル2階GoogleMapで見る

電話でよくいただく質問をまとめました。
まずはこちらをご覧ください

06-6451-1211
PAGETOP